FC2ブログ
2019 / 05
≪ 2019 / 04 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2019 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤い鳥が優雅に空を飛ぶように~」とか、「煌めく湖のような動きで左手を弾いてみましょう~」と言われても、具体的にどのような手の形で、どのようなタイミングの打鍵で弾けばそうなるのか、何をどうすればいいのか分からないですよね。
イメージだけじゃ弾けないです。やっぱり具体的な奏法のヒントを欲しいですものね。

私だって当然ながらまだまだ発展途上人。生徒さんに教えるというより、きっかけ作りのお手伝い。だから一緒にリアルタイムで模索したり検証します。私が知ってることはみんなに伝えるし、気が付いたことはざっくばらんに全部指摘させてもらうし、方法探しのお供です。人って、他人の事って良く気が付きますものね。自分の事は気が付かないことたくさんあるのですが!

肩書は第三者の目、アドバイザー。だから先生と呼ばないで~とお願いしてます。謙遜とかじゃなくね。ちなみに、ヨーロッパでは「マイケル」とか、ファーストネームで先生を呼ぶことが多いです。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へコメントする















ウララ

Author:ウララ
ピアニスト ウララ・ササキのブログです。
パドヴァ音楽教室のこと、音楽活動のこと、いろいろ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。