FC2ブログ
2020 / 07
≪ 2020 / 06 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2020 / 08 ≫

学生時代の友人の紹介で1クール5回のアレクサンダーテクニークのレッスンを受けることになりました。
先日第一回目があり、自分の記録のために書きます。
アレクサンダーテクニークとは何かというお話しから入り、椅子に座った状態や仰向けになった状態で本来持っているはずの体のあり方を思い出す作業をしていただきました。作業といえば治療的な大げさなものをイメージしてしまいますが、ボディーの自己認識というと感じですね。習慣が作ってしまった自然に反する動作を体が長年記憶し、無意識な動きに脳が導いてしまうようです。
自分の体を今一度見直し、先生の穏やかな口調とソフトな動きに導かれながら、重力に逆らわない自然な状態に返してあげたいです。楽器を弾く人が知るべき体のことの書籍はたくさんあり、それなりに読んできましたが、また違う方向からのアプローチで、楽器を自然に弾けるコツを探していきたいです。
箇条書き:
・腕を上げるのではなく、胴体から離れていく感覚。
・背中が横に広がっていく感覚。
・首は頭蓋骨の中にある。
・頭は背骨の上に乗っかってる皿回しみたいな感覚。隙間もある。
・自分を変えるのではなく、自分に帰る。

クリックお願いします♪
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




この記事へコメントする















ウララ

Author:ウララ
ピアニスト ウララ・ササキのブログです。
パドヴァ音楽教室のこと、音楽活動のこと、いろいろ。