FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ウララ

Author:ウララ
パドヴァ音楽教室がこの度東村山市に開講しました。
40年弱続いてきたイタリア・パドヴァ市のピアノ教室がこの度東京の西~~に開講いたしました。

カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気に入った「声」を出すピアノが見つかった!

2018.03.19 09:17|ピアノティーチング
我が家のピアノ教室に通う小学生@低学年たち、いよいよピアノを習い始めて2年~2年半が経ち、楽器を順番に購入しています。

電子ピアノにするか、アップライトにするか。
大きな選択です。

こちらとしては、将来のことを考えると、ピアノではない電子でこれからの年月を過ごすのではなく、耳と指を育てるために本物のピアノを買ってほしい所ですが、この違いをどうやって親御さんに理解してもらうか。毎度こちらも真剣に向き合う問題です。

今回、信頼於ける知り合いの調律師さんがありがたいことに、電子とアコースティックの差を分かりやすいように、丁重に文章にして下さったので、親御さん達に文字としてお渡しすることが出来ました。口から口へ伝えるより、一部資金を出してくれるおじいちゃんおばあちゃんにも読んでもらえるのは大事なことです。

「え?あ!なるほど!ピアノには弦が張ってあるということ、音を出す仕組みが全く違うということを分かっていてもそこをフォーカスしていませんでした。」など、親御さん達、知ってはいても、改めて考えるきっかけにもなります。たとえ同じメーカーやモデルであっても、一台一台違う音色だというのは、大人は気が付かなくても、例えまだ2年目の子供は「ピアノの声質」がちゃんと分かります。まだまだ低学年でも、そういうことを感じるようになってきてくれているのが嬉しいです。

試弾をして、どの子も自分が気に入ったピアノを見つけてくれたらピアノの練習にも気合が入りますね。
とても楽しみに待っている子供達の顔を思い浮かべてこちらがにやにやしていしまいます♪

クリックお願いします♪
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。