FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ウララ

Author:ウララ
パドヴァ音楽教室がこの度東村山市に開講しました。
40年弱続いてきたイタリア・パドヴァ市のピアノ教室がこの度東京の西~~に開講いたしました。

カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<雑談>イタリアのこと。帰国子女のこと、などなど。

2018.03.16 09:13|日常
「イタリアに移住して、日本との違いや感動はどういうところですか?」と聞かれることがよくあります。

東京の狛江で楽しく小学生活を送っていたごく普通の女の子が突然イタリアで暮らし始めただけのことですから、「野菜の豊富さです」とか、「13世紀に建てられた建築物の存在に圧倒されました」とか、食や文化にまつわる印象も感激も小学生がそんなに感じなかったと記憶しています。

ましてや、音楽留学でイタリアを訪れる方々の様に、イタリアに何かを求めていたわけでもないし、当然ヨーロッパ文化への憧れがそこにあったわけでもなく、親の都合で連れられて行った行き先が、たまたまイタリアだった、というわけです。

現在、現地校で頑張る日本人のキッズ&ティーンたち、時代は違っても、似ているところもあるのかな。
我が家の場合、親子の語学力の差は年々はっきり表れていきました。イタリア語の細かい言い回しも、言葉のアイロニーまでも分からない親との「感じ方」の差はあったと思います。
例えば、通りがかりのおばさんに冷たいことを言われてシュンとしている私達姉妹と、会話の意味が分からなく「ど~したの?」とニコニコしている親、みたいな感じ(笑)でも、家族はチーム、親は味方なので、仲良しですし、心はオープンです。

しかし、もう一つの現実。帰国子女たちは徐々に日本語力がなくなっていく子が多いので、皮肉にも、親に事細かく説明する日本語力が足りない!イタリア語でも説明不可だし、言葉の限界というものがあります。言葉が醸し出す「空気感」は絶対に直訳出来ないものですし、イタリア語とぴったり同じニュアンスの日本語が出てこない時のあの気持ち、どうにも説明出来ませんでした。
親も頑張っているの知っているから余計な心配かけたくない想いは強いし、その狭間で本人も気が付かないうちに、気持ちを貯め込むのでしょう。ストレスがのちのち発疹となって現れたり、もしくは痛みだったり、精神的なダメージだったり、形は人それぞれですが、体内には貯めておけないものを外に出そうとするのが人間の本能なのかな。

イタリアに住んでいた日本人家族の小さなお子さんは、急に指に痛みが走って曲がらなくなり夜間病院に駆け込みました。
でも数日後に何事もなかったかのように病状が収まりました。原因は特になしです。
別のお子さんはある日突然チックを発症、そして円形脱毛症になってしまった子もいました。
(ちなみに私はうまく鈍感力を操っていたのか、もしくは寝ても覚めても好きだったロックやポップスを聴きまくって、外に発散していたようです)

でも、上記に挙げたどの子もその後、様々な分野でもガッツのある生き方をしています。
生命力がみんな強い!

日本に住んでいようが、外国でマイノリティーとして生きていようが、集団社会で生きていくのは場所関係なく大変ですね。

今も、いろいろな土地で、必死に生きているキッズ達にエール送ります。


クリックお願いします♪
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。