FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ウララ

Author:ウララ
パドヴァ音楽教室がこの度東村山市に開講しました。
40年弱続いてきたイタリア・パドヴァ市のピアノ教室がこの度東京の西~~に開講いたしました。

カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張レッスン@社会人

2018.03.15 00:00|ピアノティーチング
お仕事多忙な日々を送る社会人レッスンが週末にありました。

私と習い始めて1年半。
子供時代、一般的に言う「ピアノ教室でのピアノレッスン」を受けずに来たので、
レッスンを受けることそのものを新鮮に感じてくれているようです。

知識も豊富だし、いろいろな楽譜も所有されています。
もしかしたら私の生徒の中で弦楽器とのデュオやトリオの曲を知っていて、
譜読みもされているようが気がします(!)

ホームパーティーで弦楽器と一緒に弾く仲間がいますし、オペラを観に行くこともエンジョイされています。
音楽を仕事にされていないけれど、この方の様にピアノソロ以外にも興味を持ち、自分の目と耳で音楽の世界を開拓していく社会人の層はこれからもっと増えていけばいいなと強く思います。

レパートリーは今後自力でも増やしていけるので、あえての基礎や基本の指導をしてほしいという要望に応えています。
スケール、アルペッジョを基本にしたウララ風オリジナルメニューを提供中。調音もソルフェージュも盛り込み、音楽史の話に発展したり、一緒に演奏家の演奏を聴きながら、何をフォーカスして聴いているのかも話し合ってみたり、たまには室内楽のピアノパートのレッスン内容だったり、毎回のレッスンで新たな発見を一緒に見つけていくので、2レッスンしても時間が足りません。

ひとりひとりの持ち味を生かすために、こちらはその人にどの鍵を差し込むか。そしてどのツボを押すか。
マニュアルではなく、臨機応変に対応できるこちらの経験と、あとは勘も頼りにしています。

ピアノレッスンはライブ。その人の何かをこじ開けるためにたくさん「鍵」を用意しますが、もしフィットする鍵がなければ、合うものをその場で作ることも出来なくてはならないと思うので、私自身ももっともっと勉強し続けなくては!と思う次第です。

クリックお願いします♪
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。