07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ウララ

Author:ウララ
パドヴァ音楽教室がこの度東村山市に開講しました。
40年弱続いてきたイタリア・パドヴァ市のピアノ教室がこの度東京の西~~に開講いたしました。

カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠出が多い時期です♪

2017.05.27 22:28|ピアノティーチング
お久しぶりです。ブログでいろいろ書こうかな、と思っても、普段はガラケー人でして(笑)

ちょちょっとスマホから更新出来たら良いのですが、こうやって自宅でパソコンに面と向かわないとブログが書けない状況です。

そうこうしているうちに、どんどん新しい出来事が起きるので、書きたいことが溜まり、最後には書くのを諦める・・・という流れになっています(苦笑)

少し前になりますが、ピティナのステップin大津にて、たくさ~んの方々の演奏を聴き、一人一人に講評を書かせて頂きました。
そして先週は浜松にて、やはり100人近い演奏を聴かせて頂きました。
講評を書くのは結構好きです。アドバイス文章を通して、少しでもひとりひとりの気持ちに近づきたいという気持ちでいっぱいです。

昨日は、1~2か月に1回ほど企画しているティーチャーズレッスンin所沢ミューズの日でした。
ピアノの先生方4名がお集まりになり、一つのテーマを元にレッスンを繰り広げています。
現在、「ワルツ」「3拍子」というテーマを元に、クレメンティのワルツやその他、プーランクのワルツを掘り下げています。
20170525所沢

クレメンティと言えばソナチネ、というイメージが強いのですが、子供の頃、イタリアではクレメンティのワルツを弾いたり聴いたりしていて、馴染みがあります。日本ではそんなに取り上げられていないらしく、現在市販されているのも抜粋のみ。それならこのティーチャーズレッスンでしっかりレパートリーにしちゃいましょうか!ということで、作品38と39の両方がフルで入っている外国版を全員で取り寄せ、計画を進めています。結構な曲数がありますがメジャーな所はやります。

何処をどう調理して、どんな調味料をどのようなさじ加減で入れるか、ですが、解釈は料理と一緒で、煮るか焼くかでも大違いですね。ちょっとずついろいろ発見をしたり、自分の感覚を研ぎ澄ましながら、聴く人誰もがこの曲集を好きになる演奏に近づいていけたらと思います。クレメンティのおちゃめな部分を垣間見ながら、次回も再びクレメンティに取り組む予定。
このレパートリーをここまで取り上げているのは多分私達くらいでしょうか?(笑)貴重です。

掛川ティーチャーズレッスンも近々待っています。
こちらはグループではなく個人レッスンで、主にピアノ教室を営む先生方のレッスンをさせていただいています。
月1回GALA工房さんというところで開催しているのですが、ここの凄いところは、置いてある楽器のクオリティー。
調律も整備もちゃんとしている貴重なベーゼンやらスタインウェイがゴロゴロあります。

一番嬉しいのは、「ピアノを弾くのが最近楽しくなってきた」とレッスンを受ける方々がおっしゃって下さることです。

ピアノ教室で教えていると、なかなか先生ご自身の時間を見つけるのが難しくなることが多く、家族との時間との両立云々はさておき、生徒さんのレパートリーを研究はしても、自分のピアノと向き合うことが少なくなると言うお声を聞くことがあります。先生の仕事はピアノを教えることだからこそ、自分自身がレッスンを受けると、生徒達の曲の追求や教材研究では得られないものが確実に手に入るのが楽しくて幸せだという声が何よりも嬉しいです。

さて、明日も素敵なメニューがいっぱい!facciamo musica con gioia !

Urara
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。