FC2ブログ
2020 / 05
≪ 2020 / 04 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2020 / 06 ≫

ブログよりFacebookやインスタを使用するようになりブログが放置されてしまいました。

皆さまお元気ですか?

パドヴァ音楽教室もその後元気です(笑)
12月は発表会もあり、今子供達は1番気合が入っている時です。

公開レッスンがあったり、大人の生徒さん達のホールでの会があったり、今年はアナログ重視のお付き合いを大切にしています。

とは言え、ネットを見てくださった方々の間で生まれる交友関係も多々あり、ほんと人生はご縁の連続。
何事も偶然ではなく必然とか言いますが、今回こそは偶然だわ、たまたまじゃない?と思われるようなことも結構世の中ありますからね。
私の人生、そんなことの連続です。

寒くなってきたので風邪にお気をつけ下さい。
スポンサーサイト



私が受け持っている生徒の最年少は5才です。

未就学児は脳がスポンジ。
耳もバリアフリー。
ドレミのレ、の私の発音にrが混じってることに気がついたり、イタリア語の些細なやりとり、トライアル中です。
言葉自身が持つリズム感を日本人に小さな生徒たちに使えると前から考えていて、この子を通して実践してる次第です。

幼児を幼児扱いし過ぎないことは前から心がけていることですが、一人一人のツボ探しに命かけてます。
型にはめない、本質は伝えていきたい、大人の物差しで物事を測らない、基礎はおろそかにしないために知らぬ間に誘導する(乗せる)ユーモラスな空気は大前提、褒めるところは何が良かったのかをどんな小さな子にも実感させながら褒めるなどなど、
私なりの理想はありますが、レッスンはとにかくライブ。今まで蓄えてきた経験だけに頼らず、その都度起きるひらめきに頼ったりしています。

そしてイタリア語・・・ピアノと同時に外国語を学ばせるためではないです。あくまでも音楽教育の一部。英語にはないイタリア語の独特のリズム感を伝えないわけにはいきません♪イタリア語特有の、「あの」アウフタクト感、表現もですが、それを伝えるリズム感は音楽そのもの。


「あの」、ってどの?

ライブレッスンでしか伝わらないので文章に出来ずごめんなさい(笑)


教える時は私の中の日本人は、日本人大人生徒相手には”日感覚”5割。”伊感覚”5割から、ちょっと上がったり下がったりかな。
自由人タイプの子供達には日感覚2割、伊感覚8割のような気がします。


そんなこんなで日本のやり方の良いところを少しずつ頂きながら、
イタリア語の特徴を交えたレッスンを施しています。(p.s.パドヴァ音楽教室の生徒さんはまた違うカリキュラムを組んでいます。)




レッスン中の「ありがとう、どういたしまして」のやりとりから生まれた可愛い絵。
すごく上手に描いてくれました。miki2019.jpg




ピアノ指導者対象の「バッハ インヴェンション」のグループレッスンを二つ作りました。現在ほぼ月1間隔で自宅で行われています。
勉強したいピアノ指導者達が集い、活気あり和気藹々の場となっています。

このような形態でのグループレッスンは毎回ライブ感満載、私自身もレッスン中に様々なひらめきを頂ける特別な空間です。楽譜から何を読み取り、何を受け取るか、これはなかなか自力では難しいかもしれず、だからこそこのような勉強会を開催しています。

でも、机を並べて行う講座のような勉強会ではありません。両方のグループともピアノの周りに座ってもらい、自分の弾く番が次々と回ってきますので、立ったり座ったり忙しい二時間です(笑)
インヴェンションを題材に使って、一般的なピアノテクニックの話題にもなったり、毎度様々な展開が待ち受けています。

バッハの音楽はカンタービレであるということ、、、、インヴェンションにもカントがあるということを基本的に唱えていますが、カンタービレという単語の誤解も多少あるのだと思います。バロック音楽に「歌」がないわけではありません。でも、インヴェンションやシンフォニアを子供の頃に習った時はカントそのものが陰に隠れ、ポリフォニーのお勉強という感覚を植え付けられている人が実際多いです。カンタービレであり、VIVO(p.s. vivaceではないです)VIVO、イコール生きている音、ムージカがヴィーヴァであり、ヴィーヴォなテンポ感が存在していますね。



昨日は、自宅生徒達のバッハ会。テーマは7番、ホ短調です。


7.jpg


そして、今回新たな試しみ。

もし弦楽器奏者がバッハインヴェンションを弾いたらどう弾く?」

ピアノ指導者は室内楽が必要不可欠ということはずっと繰り返していますが、室内楽の講座やレッスンを企画してきた中、今回は、ピアノ弾きを悩ますバッハ、バロックの魅力であるアーティキュレーションやフレージングなどなど、今までとちょっと違う発想と感覚で捉えてみよう!のアプローチ第一弾。インヴェンションを弦楽器奏者目線で解釈してもらいました。

持つべきものは弦楽器奏者の妹(笑)

チェロ脳で解釈するインヴェンションは私達ピアノ弾き、特にピアノ指導者に大いなるヒントを与えてくれるはず。
ということで、チェリストのマルモ・ササキ ← 詳しくはこちらをクリック! に打診すると喜んで引き受けてくれました。



marumaru.jpg


丁度一年前、チェリストと私の室内楽の挟み討ちレッスン(@ピアノとチェロデュオ)を実践しました。
チェリストの要望をも一緒に聴き、それを物理的にどうやってピアノで実現するかを同時進行で助言する3人型レッスンスタイル。
今回久し振りの姉妹タグ♫

彼女はベルリン国立歌劇場管弦楽団にて初アジア人の正団員兼フォアシュピーラーとして、ダニエル・バレンボイムと共に音楽をしてきて、音楽の捉え方がピアノ指導者にとっては新鮮で斬新な発言をよくします。何より姉妹=以心伝心で私の言いたいこともテレパシーで(笑)理解してくれます。


チェロは音の発生とその持続が視覚的にも良く分かり、楽器の大きさ的にも(視覚的にも聴覚的にも)最適で、なにしろ正面向かって座ってくれる有難いチェロ。このスタイルでバッハインヴェンションをみんなで勉強したのは新しい試しみでした。

ピアノは打鍵のスピードや握力など、様々な駆け引きで音作りしますが、弦楽器はどうなの?弓のスピード、プレス具合、左手は音程を作る以外にどういう基準と加減で弦を押さえているのか?ボウイングのチョイス、話しは尽きません。


パート分け練習で、細やかな音と音の距離によって生まれるバロック的カンタービレを体感してもらいました。


lezione.jpg


緊張感と集中力によって普段聴いたことない音、普段見たことがないみんなのヴァイタリティー溢れる顔を垣間見ました(笑)

バッハの魅力は尽きないです。

uramaru4.jpg

土日は中学生、高校生対象のレッスンもにぎわっています~
ではまた!チャオチャオ!





今日もお天気が良かったですね。朝10時より自宅レッスン開始でした。

モシュコフスキーより20の小練習曲を数曲、そしてシューマンの幻想曲でした。

譜読みしてからの初レッスンで、熱気あふれる時間でした。

画像はレッスン室の窓からの景色。
木々の合間からこぼれる光の加減がこれまた幻想的で、
まさにこの曲の風景じゃないか!と錯覚しましたよ。

・・・まあ、ドイツの森とはちょっと違うけど(笑)


IMG_0054.jpg



クリックお願いします♪
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

我が家のピアノ教室に通う小学生@低学年たち、いよいよピアノを習い始めて2年~2年半が経ち、楽器を順番に購入しています。

電子ピアノにするか、アップライトにするか。
大きな選択です。

こちらとしては、将来のことを考えると、ピアノではない電子でこれからの年月を過ごすのではなく、耳と指を育てるために本物のピアノを買ってほしい所ですが、この違いをどうやって親御さんに理解してもらうか。毎度こちらも真剣に向き合う問題です。

今回、信頼於ける知り合いの調律師さんがありがたいことに、電子とアコースティックの差を分かりやすいように、丁重に文章にして下さったので、親御さん達に文字としてお渡しすることが出来ました。口から口へ伝えるより、一部資金を出してくれるおじいちゃんおばあちゃんにも読んでもらえるのは大事なことです。

「え?あ!なるほど!ピアノには弦が張ってあるということ、音を出す仕組みが全く違うということを分かっていてもそこをフォーカスしていませんでした。」など、親御さん達、知ってはいても、改めて考えるきっかけにもなります。たとえ同じメーカーやモデルであっても、一台一台違う音色だというのは、大人は気が付かなくても、例えまだ2年目の子供は「ピアノの声質」がちゃんと分かります。まだまだ低学年でも、そういうことを感じるようになってきてくれているのが嬉しいです。

試弾をして、どの子も自分が気に入ったピアノを見つけてくれたらピアノの練習にも気合が入りますね。
とても楽しみに待っている子供達の顔を思い浮かべてこちらがにやにやしていしまいます♪

クリックお願いします♪
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

ウララ

Author:ウララ
ピアニスト ウララ・ササキのブログです。
パドヴァ音楽教室のこと、音楽活動のこと、いろいろ。